印鑑とケース

イメージ画像

印鑑とケース

皆さんは、印鑑をどのようにして保管されていますか?
私は、実印ははんこ屋さんで作った時に入れて下さっていた立派な(立派に見える)袋に、銀行印も皮でできた袋に、認印は、すぐに印を押せるように、朱肉がセットになったプラスチック製のケースに入れています。
もちろん、どのような袋でも、ケースに入れても構わない訳ですが、保管時の注意点を考慮してケースなども用意したいところです。

印鑑は、人生や生活上の節目、また、自分自身の証明として使うものですから、特に銀行印や実印などの大切なものであればあるほど紛失しないように注意する必要があります。ですから、どこにあるのかしっかり分かるようにと、また、すぐに使えるように自分にとって分かりやすい場所に保管しておくべきでしょう。
その際、一緒に入れてある物などから力が印面に加わって、印面が傷ついたり欠けてしまったりしないようにするべきです。
また、認印は荷物の受け取りや会社・学校への提出物に押印する際にさっと使えるように、より分かりやすい場所に置いておくのが良いでしょう。

その時、印鑑と朱肉は別々でも構いませんが、一緒になったケースが便利でしょう。
私が使っているような朱肉がセットになっているタイプのほか、印鑑を差し込んでフタをするもので、そのフタに朱肉に相当するものが付いており、フタをすると印面にちょうどそれが当たるようになっていて、フタを開けるとシャチハタ印のようにすぐに押印できる便利なケースもあります。
私も今度、改めてはんこ屋さんをのぞいてみたいと思っています。

はんこ(印鑑)とあんこ
http://www.epispeed.com/
世界に一つの印鑑
http://www.justeuneillusion.org/

このページの先頭へ